おしゃれ

爪が伸びてきちゃって
白けた筋までできちゃって
きれいじゃないなぁとため息ひとつ

家に帰ったら爪を切らなければと
昨日も思ったはずなのに忘れていた

指からはみ出た爪が
パソコンのキーボードの上で
カツカツと当たって打ちにくくて
弥が上にも
自分のズボラを刺激してくる

みてなさいよ
今日こそぱちんと切ってやるんだからね、と
奮起してから気付く

わたしの爪の価値なんてそんなものなのか、と
綺麗に整えなくたって
マニュキアで彩らなくなって
邪魔にさえならなければそれで良い

綺麗な爪がキーボードの上を踊るのを見るのは
楽しいかもしれないけれど
そんな一瞬の為にかける時間とお金
出せないなぁと思ってしまうので

いつか彩られる日が来ればいいねと思いながら
キーボートをすべらかに打つ

その分わたしの書く文章が
おしゃれにでも見えたら良いのだけど

制作日:2018.11.1
すがら和叶

『やさしい』

その言葉がとても好きだった
昔はとても
好きだった

いつからか
それは嫌な言葉になった
耳から入ってきて
呑み込めずに
吐き出してしまいたい
そんなものになっていた

変わってしまった
理由を考える余裕もなく
わたしは
耳がふさげないことを
ただただ嘆く

言わないで
その言葉を言わないで

耳は不便で
口と違って
入れるものを選べない

まずい
吐き出したい
そんなことは言えないから
笑顔で牽制

『やさしい』からって
なにもかも許すなんて思い込み

甚だしいにも程があるのよ

制作日:2018.11.4
すがら和叶

よろしくね

深い緑色のシャープペンシルを買った
好きな色で
新しい物語を紡げたら
楽しいかなって
それだけの理由

うきうきしながら家に帰ったら
ペンケースも
他のシャープペンシルも
その日に履いていたスカートも
肩にかけていたバッグも
緑色で
自分でちょっとびっくりしてしまった

一口に緑と言っても
明るかったり
青っぽかったり
様々で
にぎやかだから
喧嘩もするだろうけれど

どうぞ末長くよろしくね

制作日:2018.11.3
すがら和叶

なんでだろう

イライラする度に
なんでこんなにイライラするのかと悩む
自覚した時がひどく憂鬱

きっかけを思い返して
大したことじゃないのでは、と
冷静に考えようとしても
カッカしたマグマの潜む頭の中は
納得してくれない

納得したからといって
イライラがなくならないこともしょっちゅうだから
わたしはイライラに支配されている気になる

わたしはわたしでいたいのに
わたしだけにはなれなかった

わたしの中に
色々なわたしが居るなんて困ってしまう

しかもイライラ星人なわたしの声は大きくて
不愉快で
投げ捨てたいのに無理なのだ

諦めて
仕様の無いやつだなと
頭を撫でたり抱きしめたりと
慰めてやることになる

なんでだろうなぁと泣きたくなるわたしもいるけれど
きっと
人間なんてそんなものなんだろう

わたしはわたしで在る前に
人間なんだから

制作日:2018.11.2
すがら和叶

雑音

その音を止めて
うるさくてしょうがないの
一人だけ耳を塞いでいるのは
どう考えても変でしょう?

聞こえないのかしら
ずっと鳴り続けてて
苦しいだけなの

その音を止めて
どこから流れてくるの
一人だけ周りを見て
首を傾げてるのは変でしょう?

届かないのかしら
ずっと騒ぎ続けてる
みんなには

わたしにとってそれこそ雑音だわ

制作日:2004.6.11
すがら和叶