触れておけばよかった

一目見られるだけで十分だった
言葉を交わせたら十二分だった
そんなありきたりな恋だった

好きな人は太陽みたいな人だった

困った人に率先して話しかけて
真剣に話を聞いて
朗らかに笑っている人だった

初めて付き合う人と結婚するって占いで言われたんだって
照れながら話すかわいらしい人でもあった

そんなところが大好きだった

時間にルーズでも
ちょっと鈍感でも
嫌になんてならなかった

ただドキドキしていた
自分の鼓動のうるささに驚くばかりで
なにもできなかった

あの頃なにもできなかった理由を
否定されるのが怖かったとか
自分の心を打ち明けるのが恥ずかしかったとか
あとからいくらだってつけられたけれど

結局は初めてのことに振り回されて精一杯だったのだと思う

今のわたしはただあの人に触れてみたくてたまらないのだから
ちょっとは成長していると思っておこうか

すがら和叶
制作日:2018.12.30
(2018.12.28更新分。遅くなり失礼しました)

カテゴリー