無数の目

お前のせいだ と声を張り上げてしまえばよかった
自分以外のせいにして
わたしを守ることの罪深さを知らない
無知な自分を飾り立ててしまえばよかった

傷つけられることを恐れてナイフをかざして
悪意に対してこないで と
叫んだところで

その他大勢にとって
異常者が私になってしまうことを知っている

無数の目こそが武器であることを知っている

制作日:2018.3.13
すがら和叶
(365作品upチャレンジ:96/365)

カテゴリー